読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やってみて考える@新米ワーママ子連れ単身赴任日記

32歳1児の母、第2子妊娠中。2017年4月から子連れ単身赴任中。育児のこと、仕事のこと。キラキラしてません。

保育園第2週3日目。母体調悪し

私の体調が下降気味。寒気、鼻水、喉の痛み。息子もしばらく鼻水で、保育園から何かもらってきたっぽいけど、それがうつった?

 

とにかく息子は大丈夫そうだし保育園へ。もちろん行くのは嫌がる。「ほいくえん いやなの、すーぱー いきたい」「ごめんね、お母さん会社なの。会社終わったらすぐ迎えに来るからね」という会話が繰り返される毎朝。

大泣きの息子を先生に託す。

 

私のほうは、午前中は何人か会ったりしてまあまあ動いたけど、午後はやる気も出ず、考えてばかりで大した仕事をできず。

私、子どもを預けてまで復帰したかったのに、なんでこんなに仕事できないんだ? しかもどんどん体調悪くなり、夕方には寒気が酷くなってきた。

 

そして夕方のお迎え。クラスに入ると、「ちゃーちゃん!」「うえんうえんしたの(泣いたの)」と駆け寄ってくる息子。他の子たちと先生はみんな奥のお昼寝のお部屋で遊んでて、息子だけ1人ポツンと手前のお部屋にいた。ん?と思ったら、「いま掃除機かけるからみんな奥のお部屋に入ったんですけど、○○くんは嫌がって入ってくれないんです」と先生。お昼寝のお部屋も嫌いなくらい、寝るのが嫌いらしい。それにしても自分の意志で1人だけ違うことする息子。笑

 

この頃に私はだいぶツラくなってきてたんだけど、息子が「すーぱー!」と約束だよと言わんばかりなので、スーパーへ。一周したら気が済んだっぽい。

 

帰宅後、もうよく思い出せないくらい朦朧としつつ、とにかくご飯とおかず温めて夕飯、お風呂、就寝。自分がツライ時に、走り回る息子にパジャマ着せるとか、もうとにかく力を振り絞る。今夜は絵本はパスさせてもらって母が先に就寝。

 

ご飯の話だと、私は電子レンジは持ってないし、加工品系は一切使わない。作り置きのおかず、焼くだけで良い魚、いくつかの野菜、をストックしとくだけでこういう時に助かる。例えば、キャベツと人参を千切りにして塩をまぶしとくだけで何日間かストックできて、浅漬けでそのまま食べてもよし、スープの具にしたり、野菜炒めにしたりするのも手早くできるし楽。週末にほうれん草やブロッコリーを下茹でして冷凍だけしとけばぱっと料理に使える。おかずの作り置き冷凍などなどいろいろ研究はしてみたけど、その日によって食べたいもの変わるし、シンプルな料理ならそんなに手間はかからないから、メインは朝に作るか魚を焼く、そのメインを温めるか魚を焼いてる間に副菜をストック野菜でぱっと作る、のが今のところ私にはやりやすい。ただ、夫がいると手の込んだ肉料理など求められるから、そうすると毎朝がっつり作っとかないとダメだろうな〜。まあ今は夫いないから楽させてもらう。笑 2歳の息子はむしろまだシンプルな方が食べやすいし。

 

というわけで風邪気味な母。明日には良くなればいいんだけど…

保育園第2週2日目。10 分を確保する大変さ

朝、早め出勤のため7時半出発。息子は私が会社のスーツを着る時点でいつも嫌がり始め、涙目に。

でも行く。預ける。

そして16時半。仕事がどうしても終わらず、17時に。が、車で向かう途中に2件電話が入り、17時半に。

保育園に着いたら息子とあと2人くらい。申し訳ない。けど、外遊びしてご飯いっぱい食べて元気に過ごしたらしい。迎えに行った時に駆け寄ってくる息子の笑顔に救われる。

1つだけ終わってないことあって、パソコンに10分だけ向き合えば済むんだけどその10分がつくれない。お迎えに行かなきゃ、行ったら家に入り、入ったら冷蔵庫をかき回して納豆を手づかみで食べ始める息子のために早くご飯出さなきゃ、ご飯出したら介助もしなきゃ、今度はボロボロこぼすから早く拭かなきゃ←そうしないとますます被害拡大して結局困る、吹き終わって自分が食べる頃には息子はお腹いっぱいで遊び始めたり食べ物ぐちゃぐちゃにするから早く片付けなきゃ、おまるで排泄したりするのも片付けなきゃ、そしたら段々眠くなってきて暴れてくるのでとにかく早くお風呂に入らなくちゃ、入る時だって服脱がせるのも大変、入ったら洗ってあげて、先に湯船入れて、私が洗って湯船に入る頃には出たいと言うから急いで出て、なんとかパジャマ着せて、すごく嫌がるのをなんとか歯ブラシして、息子を布団近くであそばせつつ、私の歯ブラシや化粧水塗るのをダッシュでする。で、保育園から出るたくさんの洗濯物を洗ったので干したいし食器洗いたいんだけどそうすると息子が近くに来て湯冷めしてしまいいま軽くひいてる風邪が悪化しちゃいそうでかわいそうなので、ばあばに布団から電話をかけさせる作戦にする。ばあばと息子に話してもらいつつ←まだ2歳なりたてでそんなに話せないけどばあばは会話ができるタイプ、洗濯ほして食器洗って、まだ大丈夫そうだったからこのタイミングでようやくパソコンに向き合う10分を確保する。

私が布団に入り、今度は絵本。5冊くらい読むと私が眠くて限界になり、寝たくないと泣く息子を無視して先に寝る。←普段息子は寝るのが嫌いで、私が先に寝ないと寝ないので、この方法が1番寝かしつけに有効

これでも、帰宅した18時から、寝る22時まで、ずっと忙しい。家に帰ってから残業するのは難しい。あとは夜中と明け方に起きるしかない。それでも最近毎朝5時には起きてるけど、家事だけで仕事まで手が回ってない。

 

いま、私もちょっと風邪っぽくなってきた。大した仕事ができてない焦りもある。毎日を回すことで精一杯で、プラスアルファができない。細かいミスで上司にも怒られた。なんか疲れてきた。

保育園第2週1日目。頑張る息子

金土日と保育園を3日間空けての月曜日。じいじ(私の父)が帰り、母子2人暮らしの初めての平日でもあり。どれだけ泣くんだろう、どれだけ大変なんだろうとビビる私。

月曜日はこの地域では色々なゴミを出す日で、しかも出しながら細かく分別する作業があるので、ゴミ出し未経験だった私はそれだけでなんとなく緊張。笑 5時に起きて、3階から両手いっぱい2往復して無事に終了。そして朝ご飯作りつつ、夜ご飯を作り置き。保育園の連絡ノートを記入したり、オムツに名前スタンプしたり、持っていくタオルなど準備して、自分の準備。

 

余談だけど、2人目妊娠で、まだ妊娠4ヶ月なのに、もうお腹が大きい。1人目の時よりお腹が大きくなるのが早い。1人目の時は妊娠6ヶ月くらいでようやくマタニティーズボンに変えたけど、今日あたりからもう普通のズボンが入らない!引っ越しで持ってきた服のうち、もう3分の2は使えなくなった気がする…。あの荷造り、運送、開封して整理した手間は一体なんだったのかしら。涙

 

そして息子を起こす。前日夜に父(私の夫)を空港に見送りに行って遅くなり寝るのが23時近くになってしまったこともあり、できるだけ寝かせたくて、家を出る40分前に起こす。バタバタ朝ごはん、しかもずっと抱っこ〜状態で、やっぱり思い通りには進まない。着替えも、あれ着たくないこれ着たくない、と嫌がり。私が会社に行くジャケットを着たら状況が分かったらしく、行きたくない、と涙目にもなり。まだ鼻水と咳がありちょっと心配といえば心配で、仕事も休めないこともないから、一瞬休んじゃおうかなとも考えたけど、とりあえず行かせてみて保育士さんの判断で早い呼び出しがあったら早退しよう、と思い直す。

 

なんだかんだで車に乗り出発。保育園着いたら涙目で嫌がり、お部屋に入ったら大泣きで保育士さんに抱っこされ、そこでお別れ。

私にとってもまだ慣れない朝のお別れ。自分のせいで子どもが泣く顔をみるのはすごくツライ。

 

そして呼び出しの電話が無いまま16時半の仕事終了時間。急いで迎えに行くと、まあまあ元気そうな表情の息子。いの一番に、うえんうえんしたの(泣いたの)、と報告してくれる。すると保育士さんは、最初だけで今日はほとんど泣きませんでしたよ、と。ただ、お昼寝はしなかったらしい。

うちの子寝るのが嫌いなんです、とご挨拶した時、寝かしますよ^ ^と笑顔の先生でしたが、「無理やり寝かさないで、起きてても過ごせるようにしようと思いますね」と諦めた様子。笑 先週は40分くらい抱っこで寝かしてくれたらしいけど毎回それじゃ大変だしね。私も毎回寝かしつけには苦労してるので、何もできることなし。笑

 

17時前だからか、まだ他の子たちが10人くらいいた。他の子たちは私を見て自分のお母さんが恋しくなったらしく、泣き出す。1人には抱っこを求められ。←抱っこしたけど、向こうも、なんか違うな〜と複雑な表情w やっぱり、お迎えが遅くなって最後まで残されるのが子ども的には一番切ないかも。朝早く預けられても、夜早く帰れれば、そっちのほうが良さそうだなあ。そう考えると今の8時半16時半勤務はありがたい。

 

第2週1日目、想像してたより大変ではなかった。息子が頑張ってくれた。感謝。

ただ、私の仕事がまだ順調じゃない。やることを自分で見つけなきゃいけないんだけど、仕事があまり無い。先輩に取られたり。焦る気持ちを抑えて、与えられてる仕事をまずはこなそう、と自分に言い聞かせる。1つちゃんとやれば、次の道が拓けるはず。

息子が頑張ってるんだから、私だって頑張らなくちゃ。

 

保育園5日目。早速お休み

最初の週、平日最後の金曜日。

体調悪めで息子を休ませることに。

鼻水と咳と熱。

疲れが溜まって弱ってたから、保育園で何か軽くうつったかも。

今日が助っ人じいじがいる最後の平日でもある。今日ならまだ休める。週明け以降は、休ませたら病児保育かファミリーサポートのボランティアの方にお願いするか私が仕事休むかしかない。

体調悪い時は心細いだろうし、もちろんそばにいてあげたい。が、やることいっぱいあったらそうもいかないだろうな〜涙 

じいじがいる日に、なるべく静養してほしい。週明けからは、なんとか保育園で頑張ってほしい。

というわけで本日は保育園お休み。泣き叫ぶ息子をじいじに託し、私は仕事へ。

 

一方の私。3日間、仕事と育児をしてみた感想は、やっぱり定時17時半あがりのお迎え18時だと、まだ息子には負担が大きすぎる。朝の1時間と夕方の1時間だと、夕方のほうが子どもにとっては長く感じるよう。

 

いま私は、「休日労働及び時間外労働の免除」を申請している。それだと定時の9時半〜17時半勤務。1時間早く帰るには「時短勤務」を申請する必要がある。マイナス1時間の減額。

現実として、朝は8時ごろに保育園に預けるのが丁度良いスケジュールで、8時半には出勤したい。朝の1時間のサービス残業?はちょっともったいない。実働6時間じゃ、仕事が遅い(←ここがそもそも問題ではある)私にとっては短すぎる。家では、息子を寝かしつけた夜中ぐらいしか仕事ができない。私も一応、妊婦だから無理はしたくないし、独身時代みたく24時間全力で仕事しちゃったら、育児ができなくなる。朝の1時間、早く会社に行って、そこで集中するのが一番良さそう。

と、先輩に相談したら。

「いまの申請のまま、運用見直しで調整できないかな」と素晴らしい助言をいただく。

総務に問い合わせると、職場長が、朝8時半〜9時半に業務ができると認めるならOKと。

労務担当の部次長に話すと、そこで仕事(私の場合は、原稿執筆やアポ取り)ができるなら、業務相当とみなされるのではないか、と前向きな返事。

で、部次長と共に部長に打診したら、1分くらいで、いいんじゃない、と許可をいただく。

 

やった〜〜!!

 

結論。実働7時間、拘束時間8時間の「休日労働及び時間外労働の免除」のまま、運用で16時半あがりに。

なんか、いま弊社で導入予定の裁量労働制を私だけ先取りしちゃってるような。業務次第で、今日は8時-16時、明日は9時-17時、とか出来れば1番ありがたい。たぶんそれも許されるはず。

 

2年ぶりに仕事復帰した感想。

 

不思議なもので、すっかり忘れたと思ってたけど、体は仕事を覚えてる。名刺1枚渡せないと思ってたけど、人の前に立ったら自然と手や足が動く。

三つ子の魂百まで、じゃないけど、7年間とはいえ一生懸命働いてきたことは無駄じゃなかったんだなあ。

 

育休中、カメラが重くて急に持てなくなった。でもいざ復帰したら、カメラもパソコンも入った重たいカバンを持って1時間立ってても、重い、という感覚が湧いてこない。

育休中は家事以外で頑張るところがなくて、家事は自己満足の世界だからなかなか達成感がなかったけど、仕事はカタチになるから達成感がある。切り上げることもできる。メリハリがある。

○○ちゃんママではなく、○○さんとして私個人をみられる。どっちが良い悪いではないけど、家族生活と仕事って全く違う性質のものだなあとあらためて思う。

 

環境によって、自分の中のどの部分が出てくるか、こんなにも変わるんだなあ。
まるで別人を演じてるよう。でも、片方が“本当の私”というわけではなく。
母である自分も、仕事をしてる自分も、どっちも私。

 

むしろ、子育てのほうが難しいかもしれない。仕事にかわりはいるけれど、母は世界で私ひとりだけ。責任重大。成果も見えづらい。評価されるわけでもない。

だからその分、楽しいし、得られる幸せも大きいのだけれど。

 

来週の目標。

仕事をさらに増やす。かつ、時間内できっちり終わらせる。で、仕事以外の時間はすべて息子のために使う。

保育4日目。保育士さんの熱心さ

前日帰宅後、20時ぐらいまで寝ちゃって、就寝が23時に後ろ倒しになり、朝からダルそうな息子。保育園行くから着替えるよー、と言うと、いかない、と涙目に。まだじいじがいるし、連れて行く大騒ぎを考えると今日は休ませちゃおうかな、という考えが頭をよぎる。いや、途中で帰ってもいいからとにかく行かせるか。と、自分を奮い立たせる。←連れて行くこっちも精神的にも体力的にも疲れる

 

保育園に行くと玄関から既に引き気味。クラスのお部屋に行くと、前日よりさらに泣く。大泣き。そこで先生が、泣いてバタバタ暴れている息子を抱きながら、「○○くん賢いからこのお部屋を来たらどうなるかよく分かってるんだよね。先生のこと嫌いでもいいよ。先生もお母さんが一番好きだよ。お母さんは会社終わったらお母さん迎えに来るからね」などなど言い聞かせてくれている。その先生の一生懸命な様子に私自身がなんとなく安心して、よし預けて出て行こうという気持ちになり、息子にまた後でね、と声をかけて退室。手を振り離した前日より、私の心は軽い。

 

で、夕方。2日目は13時ごろ、3日目は16時ごろに保育園からじいじに緊急お迎えお願い電話がかかっていたため、今日もそろそろじいじに呼び出しかな〜?と私が思っていた頃。先生から私に電話があり、「もちろん今日もたくさん泣いたは泣いたけど、外遊びも楽しんで、御飯もオヤツもいっぱい食べて、先生の抱っこで40分間はお昼寝もできて、なんとかこの時間まで○○くんは頑張ってます。あとは、『待ってればお母さんが迎えに来るんだよ』という私の言葉を○○くんに信じてもらえればだいぶ違うと思いますので、今日は予定通りお母さんが迎えに来てくれますか」と。なんかすごく先生が一生懸命で、胸が熱くなった。第三者の人がここまで一生懸命関わってくれるんだなあ。私ですらずっと抱っこで寝かせるなんて重くてもうしたくないのに笑、40分も抱っこしててくれるなんてすごいなあ、と。

 

というわけで17時半の終業後、すぐ保育園へ。私をみて、笑顔の息子。先生が「ほらね○○くん、先生が言った通りお母さんちゃんと来たでしょ」と声をかける。息子の顔は想像してたより明るく、「せんべい、バナナ、たべた!」「はしった!」など彼なりに1日の出来事を、色々報告してくる。そして、先生とお相撲ごっこをしている。←お相撲ごっこが大好きな息子 

なんか、先生と息子の距離がぐっと縮まったような感じ。先生も、息子の扱いに自信を持った様子。退室する時、先生に「あとでね〜!」と手を振る息子。保育園に少し慣れてきたかな?好きになってきてくれたかな?なんか、私のああだこうだの余計な不安は必要ないくらい、息子は確実に1日1日成長している。前に進んでいる。子どもってすごいなあ。やっぱり、子どもを信じるしかない。

 

もちろんまだまだ泣くだろうし、また明日朝も大変だろうけど、ひとまず安心できた4日目でした。

 

 

保育園3日目。やっぱり時短とるべきか…

3日目。朝から私にしがみつく。不穏な空気。抱っこしたがる。離れない。

そして車に乗って保育園へ。「○○くんはほいくえん、お母さんはカイシャだよ」と言うと、「ちゃーちゃん(お母さん)ほいくえん、いく!」と寂しそう。

お部屋に入って先生と話してると、既に涙をこらえている表情の息子。

 

ちなみに、先生には事前に、息子は納得しないとやらないタイプなので、なぜそれをやるかの理由を説明したり、それをやったらどうなるかの見通しを伝えてください、とお願いしていたのですが、先生から「昨日1日の保育でお母さんの仰っていたことよく分かりましたー」と言われました。集団生活しなきゃいけない時もどうしてもあるけど、でも息子にはのびのび自由に育ってほしい。。

 

そして私が保育園のお部屋を出る時。大泣き。手をぎゅっと握られる。でも仕方ないから先生に任せて、その手を振り払って退室する。

 

そして私は仕事へ。今日はとっても苦手な怖い先輩との仕事で、やっぱり怖い。が、息子の不安に比べたらなんでもないな、という気持ちに。お腹の子もいるし、意地悪されようが冷たくされようが、母はやることをやらねばいけない。

 

息子は結局、夕方まで頑張った。先生がずっと抱っこで30分だけお昼寝もしたらしい。

でもやっぱり、私は定時17時半上がりで18時お迎え、としたけれど、子どもにとって夕方の1時間の負担はかなり大きそう。。減給になるけど、時短とって16時半上がりにしたほうが良いかもしれない。要検討。

 

保育園2日目、母は仕事復帰。

息子、保育園2日目。今日から通常、の予定。

朝7時ごろ起き、ご飯。割とスムーズ。車に乗って保育園へ。

すでに何台も止まってる保育園横に車を止め、出入り賑やかな玄関から入る。

真新しい0、1歳児の部屋は鍵付き。母の仕事としては、裸足保育なのでまず靴下を入り口の箱に入れ、荷物かごとオムツバケツに袋をセットし、給食とおやつのエプロン、おしぼりをそれぞれ指定のかごに入れ、連絡ノートをウオールポケットに納める。←ノート以外はお迎えの時にやってもいい

そして担任の先生と言葉を交わし、息子に「お母さんは会社行くね。終わったら迎えに来るね」と声をかける。息子、頷き、大丈夫そう。かと思いきや、私がドアから出ようとすると泣き始めた。保育士さんが飛んできて泣いてる息子を抱っこ。そのまま出るしかない私。

悲しそうな顔にこっちも悲しくなるけど、とりあえず彼の強さを信じる。

 

そして私はそのまま会社へ。会社の近くの駐車場を借りている。

会社の荷物はなんとなく持ってきたけど、全然準備はしてなかった。息子のことで頭がいっぱいで、パソコンもカメラも2年間ほぼ触ってなかった状態。席に着いて、とりあえず電源入れてみる。どうやるんだっけ?!と一瞬焦るけど、手が覚えていて、なんとか進んで行く。

周りも、ゆっくりでいいよ〜、みたいな優しい声かけ。なんだ、私が入社した時はもっと皆怖かったなあ、とか思う。

で、とにかく、初日はパソコンなどの環境設定や数件の電話でなんとなく仕事終了。申請通り、定時の17時半であがらせてもらう。

 

一方、息子。午前中は公園遊びを楽しみ、トイレも順調、お昼御飯はおかわりしたらしいけど、お昼寝で挫折したらしい。もともと赤ちゃんの時から、家にいても寝ることが大嫌い。私が寝ないと99%寝ない。そんなタイプなのもあり、お昼寝がどうしてもしたくなかったらしい。で、まだ2日目ということもあり、保育士さんの判断でお昼寝ごろに帰宅することに。今週は助っ人のじいじがいるので、じいじが息子を迎えに行ってくれました。

 

私が18時半ごろ帰宅すると、息子は爆睡中。保育園から帰った後、ホッとしたのか夕方から寝たらしい。

起こすと割合ご機嫌。保育園どうだった?滑り台した?と聞くと、した!と元気なお返事。楽しかった?と聞くと、うん!と。お芋お代わりしたんだって?と聞くと、うん!と。そんなに嫌な思い出でではないようで、保育園自体は嫌いじゃなさそう。

 

さあ、3日目はどうなるか。朝スムーズに車に乗せられるか。そして今週は助っ人のじいじがいるからお昼寝ごろのお迎えができるけど、来週からどうなるか。。

そして私。自分の仕事をちゃんと見つけて動けるか。なんか気が重い。笑